1992年2月OASYS 30-AD301 発表

1993年5月OASYS 30-AD401/405 発表


1992年2月 OASYS 30-AD301を発表しました。 AD-EXの改良機です。
  • 8頁ものカタログの表紙です。
    重量1.6kg(27%減) 厚さ35mm (26%減) 20時間連続駆動(2倍)パソコン通信ソフト内蔵 ・・比較数字はAD-EXとの比較と表紙に書いてあります。
    キャンペンキャラクタの山瀬まみさんは姿を消しました。 価格は\17,800と AD-EXより1万円高くなっています。
  • カタログの2頁目
    軽く 薄くなったことが携帯には非常に便利になりました。 電源は充電バッテリもくわわりました。 乾電池6本で、20時間使えるので、かなり便利になりました。これまでの10時間が倍になったのです。 モデムはまだ、オプションでしたが、通信ソフトは内蔵されるようになりました。 また、ACは100-240Vに対応しており、世界中に持ち歩けるようになりました。
  • カタログの3頁目
    オプションで、Multiplan や WORDSTARなどが使えるようになっています。
    1993年 5月 OASYS 30-AD401/405を発表しました。
  • 8ページものカタログ表紙
    AD401 は\178,000とAD301と同じ価格、通信機能のついたAD405は\198,000です。 重さ、厚さなどは従来通り、CPUの速度があがったのと、電池で30時間使えるようになりました。
    この機械は現在(1996年)でも十分使えるもので、私は遠くに出張するときには常にもってゆきます。 海外からniftyを使って、メールを送ったりするのには非常に便利です。
    海外からniftyを使う場合には、compuserveのアクセスポイント経由で使います。 ところが、国内のniftyのアクセスポイントとは少し様子が違うので、autocomのマクロを変更する 必要があります。アメリカなどでは、コネクスすると改行をおくり、 host name? のときに NIFTY をいれます。 マクロは Cドライブ(S-RAM)の macro.acmなのですが、これをアメリカ用のもの に入れ換えるわけです。 これも面倒なときには、日本のマクロのままでやります。 コネクトすると、改行をおして hostname のところで、NIFTYと手で入力するとあとは、 autocomが自動的にログインしてくれます。 携帯用としては pocket3もよいのですが、やはり文章を沢山作るときには、キーボードが大きいので やはり便利です。またフロッピもついているので、オアシスの文書も使えて便利です。
  • カタログ2頁
    小さいボディ 高性能 データ互換 通信ソフトなど特長が書いてあります。
  • カタログ3頁
    2HDが使えるようになり、300ページの文書が使えるようになりました。 バックライトは強弱が切り換えられるようになりました。
  • カタログ4頁
    アイコンレイアウトが可能。上書きと挿入モードが選べます。
  • カタログ5頁
    データ処理機能、セクレタリ機能 印刷機
  • カタログ6頁
    グラフィックの機能。 電子手帳との接続。CD-ROMとの接続。
  • カタログ7頁
    AD405のカタログです。 モデム内蔵。Autocom内蔵。自動運転が出来るのが特長です。 MS-DOSがつかえますので、パソコンとしても使うことができます。
  • カタログ裏表紙
    AD405は\198,000です。