1987年6月OASYS30AF2 を発表



1987年6月16日 OASYS100GX-CD/100FX/30AF2/FROM8を発表しました。
  • ニュースリリースです。
  • 1987.6.17の電波新聞です
    OASYS30AF2(正しくはAFIIとローマ数字を使っています)は 30AFの改良版です。 フロッピデッキが2台になったのと、画面が見やすくなったのが大きな改良点です。 パソコン通信を強調して、正面右上に「NETWORK」のロゴが入っています。 30AFを購入したユーザからは、フロッピを増設できないかという要望がでましたが、残念ながらそのような設計になっておらず゙ 要望には応えられなかったのでした。 バックライトはAFと同じエレクトロルミネッセンス方式ですが、すこし明るくなって見やすくなりました。
  • 30AF2の1枚ものカタログ表紙です。
    248,000円と価格が下に書いてあります。
  • 30AF2の8枚ものカタログ3ページ
    場所をとらないトランスポータブルが売り物でした。
  • 30AF2の8枚ものカタログ4ページ
  • 30AF2の8枚ものカタログ5ページ
  • 30AF2の8枚ものカタログ6ページ
    モデムはまだ300pbs/1200bpsでした。