1988年6月OASYS30AF3 を発表




  • OASYS30AF3は 30A2の改良版です。 液晶のバックライトが、 ELから蛍光灯になって、随分明るくなりました。 プリンタは24ドットのものが、48ドットのフオントになり、随分きれいな文字が印刷できるようになりました。 文書容量も30ページ/文書と大きくなりました。 価格は228,000円になりました。
  • 30AF3の8枚ものカタログ1ページ
    超鮮明LCDと誇らしげに書いてあります。
  • 30AF3の8枚ものカタログ2ページ
    AFは1デッキだったので、文書容量に制約がありました。また、AF2も一つの文書の大きさが少なかったのです。 AF3文書はこのあと、オアシス文書の一つの標準になりました。