270-30 のDA

  • その1 その2 その3
    F270-30 Design Automation 上の諸問題  
    
    
    
    1965.9.24 の日付があります。
    当時の270設計グループの班長だった久保田さんの手になる資料です。
    
    
    
    ICの適用にともない、設計の自動化をおこなわなければならなくなってきた。
    F270-30への適用について、種々の問題をあげて、いろいろな面から検討する。
    
    1) Design Automation の展望
    
    S図面(回路図面のこと)  図面の書き方
    マスタファイル
    プリント板・バックパネル  布線 部品 保守診断   回路シミュレーション 回路印刷
    
    2) 諸問題
    
    プリント板  テストには自動機械が必要・・・
    
    3) F270-30適用
    
      使用する計算機  当面F222を用いる  将来はF230-50を用いる
    
    などなと、と書いてあります。