オアシスの学会発表論文

昭和53年(1978年)から昭和54年にかけて、オアシスの基礎的な研究をしました。 それを学会に発表したのが これらの資料です。


  • 日本語タイプライタその1(JPG 80KB )

  • 日本語タイプライタその2(JPG 80KB )

    やはり、試作機の発表後、日本語入力装置として発表しました。オアシスという装置の最初の論文です。試作機で作成した論文。 U-300というミニコンを使った試作機で、漢字ディスプレイと漢字プリンタは既製品でした。 親指シフトキーボードを作り、プログラムと辞書を開発したのです。 この試作機は1979年のビジネスショウに出品して、実演展示をしました。 一番最初は私が呼び込みと説明をやりました。