日本文の入力方式シンボジウム

1981年7月2日〜3日に東京の機械振興会館で行われました。 情報処理学会では「日本文入力法」という研究委員会が設立されて活動しており、その成果発表でした。 私はこの委員会のメンバーでした。
  • シンポジウム予稿表紙
  • シンポジウムプログラム1
  • シンポジウムプログラム2
    このバネル討論に私も出席しました。

    シンポジウム予稿

  • シンポジウムを開催するに当たって 高橋秀俊(慶大理工学部)
    その1その2その3

    ・・このシンボジウムの位置づけ、これまでの日本語入力の経緯、考え方などがあります。

  • 日本文入力の現状と展望 高橋延匡(東京農工大学工学部)
    その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11その12その13

    ・・日本文入力の現状をまとめたもの。筆者の意見では、専門家はカナ2タッチ式、素人にはオンライン手書き文字認識が よいという意見である。

  • 欧米のタイプライタの歴史と日本文入力の将来 山田尚勇(東京大学理学部情報科学科)
    その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11

    ・・山田さんの持論が展開されている。アメリカのタイプライタの活用の状況を日本でも実現したい。 具体的にはカナ2タッチ式で専門タイピストを養成すべしという意見です。

  • 日本文入力装置に関する人間工学的検討 渡辺定久(電子技術総合研究所)
    その1その2その3その4その5その6その7その8その9

    ・・渡辺さんは、新JISキーボードを推進した方です。(その9)にはカナタイプライタの操作性ということで カナがアルファベットより数が多いこと、文字の配列が良くないことが操作性の悪い原因だと述べています。

  • HUMAN FACTORS RESEARCH OF JAPANESE KEYBOARDS - RICHARD S. HIRSCH
    (HUMAN FACTORS CENTER GENERAL PRODUCT DIVISION INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION)
    その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11その12その13その14その15その16その17その18その19その20その21その22その23

    ・・英語の論文。カナキーボードの打鍵特性と多段シフト鍵盤の打鍵特性の調査の報告。 IBMは029カードパンチの鍵盤を多段シフトにした漢字入力装置を発表したことがあります。この鍵盤の写真がのっており、貴重なものです。
    アメリカで日本語の分かる人を探して、実際にテストをして詳細なデータを取っています。

  • 入力法にからんだ健康・労働・社会問題 中村美治(鬼子母神病院)
    その1その2その3その4その5その6

  • 文書編集・校正との関連 小野芳彦(東京大学) 藤崎哲之助(日本IBM)
    その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10

  • カナ漢字変換 牧野寛(大阪大学基礎工学部)
    その1その2その3その4その5その6その7その8その9

  • 日本語入力方式の模索 寺川和伸(シャープシステムプロダクト株式会社)
    その1その2その3その4

    ・・シャープはカナ漢字変換の試作機を展示したあと、ペンタッチ方式で商品化した。その経緯を知る資料として興味深い。
    かな漢字変換率の問題、習熟が難しいなどの問題があり、作業速度や疲労度もペンタッチの方が優位だったと選択の経緯を述べています。 しかし、ペンタッチのカナ入力かな漢字変換も検討しており、すでにペンタッチに見込みがないような予感を抱かせる。
    シャープではこののち、 ペンタッチのかな入力かな漢字変換の装置を商品化してゆきます。 この特徴として、オペレータは男子社員も対象にする、原稿なしで作文する、習熟期間ゼロを目指すとあるが、これらは開発者の発想をよく表しています。

  • 2ストローク入力法(2打入力法) 村山登 山内佐敏(株式会社リコー 技術本部)
    その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11その12その13その14その15

    ・・リコーは事務機専業メーカであり、早くから2ストロークに着目して、推進した。この論文はその理論的根拠を示した ものである。 習熟には時間はかかるが、220文字/分に達するとのべています。


    以下はパネル討論「日本文入力法の将来像」司会は石田さん

  • 日本文入力法の将来像 石田晴久(東京大学大型計算機センター)
    その1その2その3

  • 日本文入力法の将来像 神田泰典 (富士通)
    その1その2その3その4
    原文のテキスト 保管しているOASYS100フロッピから変換したものです。

    ・・OASYS100で作成し、印刷した資料です。日本文入力とは何か? 原稿作成の過程など、持論を述べています。
    おわりに、「将来は日本人もキーボードに違和感がなくなり、日本文入力にもキーボードが広く利用されるようになるだろう。」と結んでいます。 いまでは当然なのですが、1981年当時ではまだはっきりしていませでした。

  • 業務別・個人別 日本文入力装置に必要な文字種の調査 坂下善彦 渡辺治 大川清人 (三菱電機株)
    その1その2その3その4

    ・・対象分野を限定すると、漢字の文字種はすくないので、この特徴を生かした入力装置がよいのではないかとあります。

  • 日本文入力法の将来像 田中康仁(日本ユニバック)
    その1その2その3

  • 万人向きの入力装置は手書き入力タブレット 長尾真(京都大学工学部)
    その1

    ・・手書き入力タブレットがよいという意見です。手書き入力を持ったワープロも発売されましたが、 結局は残りませんでした。 松下が発売したワープロで、認識率もかなり良かったのですが、問題点としては
    1.手が疲れる。 2.認識率の問題 などがあったようです。

  • 日本文入力法の将来像への模索 吹抜敬彦(日立製作所中央研究所)
    その1その2その3その4

    ・・筆者米国滞在のときの経験からタッチ法を再認識した。
    『この点、最近富士通が「書く」から「打つ」の時代へとPRしておられるのは、まさに我が意を得た感がする』とあります。

  • 日本文入力の将来に期待する 山崎清一(大日本印刷 CTS事業部システム開発課)
    その1その2その3


  • パネル討論会記録(テキスト)
    これは、のちにまとめられた当日のパネル討論会記録(テキスト) (情報処理学会 情報処理 昭和57年6月号 574頁〜)です。雑誌より入力したものです。