1978年情報処理学会プログラミングシンポジウム

  • シンポジウムの趣旨 1978年当時の学会や業界の様子がよく分かる
  • 私の「日本語情報処理の方向」と題する7頁の手書きの論文
    日本語入力としては、文章創成用の装置が必要であるということ、入力方法としては、 キーボード入力カナ漢字変換が最有力であると書きました。 当時社内では、OASYSの開発や、JEFの開発が進行していましたので、そちらの方には 触れませんでした。

    1頁 - 1.まえがき 2.日本人にとって日本語とは
    2頁 - 日本人の一生とことば
    3頁 - 3.「日本語」このすばらしい財産
    4頁 - 4.日本語情報処理の位置付け
    5頁 - 5.漢字処理について 6.日本語の入力について
    6頁 - 日本語の入力について
    7頁 - 7.日本語と国際互換性について

  • 討論の記録
    討論の内容
    最初の質問は、どこの誰かは知らないが、勝手にでてきて、勝手なことをいう。 一体どれくらい勉強したのだという感じの質問でした。私も腹がたったので、 「日本語の勉強は3歳くらいからやっているから、もう40年程やっている」 と答えたら万座が爆笑になりました。
    次の質問は、私の回答にまた腹をたてて、変な揚げ足とりの質問になりました。 結局、本質的な議論はなにもありませんでした。
    しかし、このあとの技術の歴史をみるとおり、我々の考えていたように世の中は発展してゆきました。