1983年MyOASYS2を発表


マイオアシスは75万円でしたが、その半額を狙って作ったのがマイオアシス2です。 小さく作るために、小さなブラウン管を使うことにしました。プリンタは熱転写のものを作ってもらいました。 測定器では小さいブラウン管のものがありましたが、ワープロでは初めてです。

マイオアシス2のカタログ
2ページもののカタログです。マイオアシスに引き続き高見山を全面的に使っています。
  • 一枚もの表紙 「The 文房具。」というキャッチフレーズにしました。肩に引っかけている愉快な写真です。
  • 一枚もの裏

    8ページもののカタログです。
  • その1表紙 高見山が大きな鉛筆と一緒にマイオアシス2を抱えています。
  • その2裏表紙 本体と熱転写プリンタ又はドットプリンタがそれぞれ \480,000と表示されています。
  • その3 親指シフトモデルしか作っていませんでした。
  • その4 円グラフや棒グラフが書けるようになりました。
  • その5 プリンタは熱転写とドットプリンタの二種類が選べます。
  • その6 画面は6インチのブラウン管を使いました。このような小さな画面ですが、40文字×14行の表示をしました。 文字は縦長に表示することによって、見かけが大きく見えるという錯覚を利用しました。