NETTOWNに市場を築け


・「NETTWNに市場を築け」-富士通のメディア戦略-という本を出しました。
1989年12月15日 初版発行 神田泰典監修 企画・富士通経営研修所 ダイヤモンド社発行
となっています。 もともとは、ISDN の応用を考えようということで、営業/SEの部門で沢山のアイディアを出しました。
これを事業部の方で受け取って検討した一つの結論でもあります。
検討は下記のメンバーが集まってやりました。
執筆者   50音順       nifty ID

 監修    神田  泰典   PDG00555
         五十嵐達治   PDG02365
         上田  義弘   NAC03430
         大野    学   NAB02744
         小田  雅子   NAD01771
         鎌倉    章   PDG00060
         亀田    武   NAC01655
         柴田  好隆   PDB01142
         永田  銕男   PDB00411
         野々垣  旦   PDG01232
         藤本  昭雄   NAC00647 

NETTOWNのコンセプト

(当時説明に使ったOHP)
  • 構想・仮想空間の世界にプラザとアベニューがあり、ビークルで移動する。
  • プラザ・情報のまとまっているところ、サービスの中心、サーバやサイト。
  • アベニュー・情報をアクセスする通信網
  • ビークル・乗り物で、パソコンやワープロ、電話機など。

    NETTOWNのことを話したビデオ (1990年7月12日収録)

    NETTOWNのビデオです。 トータル30分です。
    八王子CATVの依頼で、情報化社会の近未来像というテーマで、NETTOWNのことを話しました。
    対談の相手は秘書の秋山さんです。
    当時使っていたスライドで、NETTOWNの構想について一般の人に分かりやすいように平易に話をしています。
    このときは、具体的なイメージは、nifty-serveしかありませんでした。まだ会員は10万人程度でした。
    インターネットがブレークするのは、1995年になってからです。

    ビデオをみるためには、RealPlayerが必要です。