1980年オアシス発表、ビジネスショウの写真、新聞記事など

1980年5月7日 パレスホテルの一階で記者発表を行いました。
富士通からは当時の小林社長が出席されました。
時代の流れということで、記者も沢山集まり、熱気に満ちた発表でした。 午前と午後の2回行いました。
私は前の晩から、パレスホテルに機械と一緒に泊まりました。 場所は前夜は使えなかったので、当日朝早くからのセッテイングになりました。 機械は3台出しました。セッテイングをすると、画面がグニャグニャ動くので、配置をかえたりして、大変でした。 壁面を電力線が走っているらしくて、そこからの誘導磁界の影響でした。

  • デモの状況です。1980.5月富士通ニュースの表紙
    小林社長は富士通としては、OA分野をこの日本語電子ライプライタを最初の商品としてきりひらいてゆくと、発言されました。 一通り説明をして、そのあと、実演に移りました。
    写真で向こうの機械の前にいる眼鏡をかけているのが私(神田)です。2台の機械を横に並べて、マイクに向かって話しながら、実演を 行いました。手前の機械を操作しているのは、 小野さんです。記者の皆さんの真剣な様子がよくわかります。
    そのあと、質疑応答がありました。 販売組織について、質問がありましたが、当時はまだ販売組織が出来ておらず、これから作ると当時の成田専務が回答されました。 販売組織は6月にできたのです。 この発表は本当に緊張して、胃がいたくなり、昼食はたべませんでした。

  • 小林社長です。
    です。 午前の発表がすんで、少しくつろいでいるときに、小林社長がご自分で機械を操作されているところです。 たしか、「こばやし」とご自分の名前をかなで入力して、変換されたと記憶しています。



  • ビジネスショウの写真です。
    これは富士通ニュース12月の写真なのですが、5月14日から4日間の晴海のビジネスショウの写真のようです。 ビジネスショウのために、15セットの機械を製造しました。 会場には12台展示しました。1台は内田洋行のブースに展示しました。1台は予備、1台は丸の内の本社において、本社と晴海の会場の間で 通信をしました。 会場では単なるデモ実演は止めて、来場者に実際に触って貰うようにしました。 この写真の場所は高くなっていて、デモ用ですが、裏側には低い場所においてあり、来場者が自分で触れる ようにしました。



    当時の新聞記事の写真です。
  • 富士通も名乗り(1979.11.16)日刊工業新聞
    世の中が賑やかになってきたので、来年のビジネスショウまで黙っているわけにはいかないと考え、富士通の計画を リークしたものです。私が取材に応じて、正確な内容を記事にしてもらいました。
    この記事でも、東芝、ぺんてる、リコー、シャープ、沖電気、キヤノンの名前が出ています。
  • オアシス発表翌日の新聞(1980.5.8)電波新聞
    販売網として新たなルートを開拓する。事務機ディーラ約200社ほど・・・
  • 各社の状況(1980.5.8)電波新聞
    この時点でのリストでは、東芝、ぺんてる、リコー、シャープ、キャノン、日電、沖、富士通と8社のワープロが出ています。
    富士通と東芝はかな漢字変換、ぺんてる、シャープ、日電、沖はペンタッチ入力、リコーが2ストローク方式、沖は表示選択も併用 といった具合に、入力方法はまちまちでした。
    かな漢字の優位性がはっきりするのは、これからまだ2年程かかることになります。
  • 富士通の販売組織の方向を報じる新聞記事(1980.5.21)日刊工業です。
    いままでは富士通になかった商品を販売するわけで、販売組織や販売推進の組織がありませんでした。 内部資料によりますと、6月4日に東京と大阪に販売推進チームが暫定的に設立されました。 東京15名、大阪8名の陣容です。
    また正式には、1980年6月30日の組織異動で、OA機器販売推進本部ができました。この組織は、オフコン、オアシス、ファクスの 販売推進を行う組織でした。本部長は中西取締役、オアシス販売部長が中村明さんでした。


  • オアシスのコマーシャル
    木元教子さんを使った最初のコマーシャルの記事です。 まだまだお固いコマーシャルでした。最後に親指ポンのマークのように、親指を立てるしぐさを してもらいました。彼女はかなり抵抗があったようですが、それとなくやってくれました。

  • 久里洋二さんの広告
    1981年3月4日の日経新聞全ページの広告です。 アニメイラストレータの久里洋二さんの「だからオアシス」というアニメを使った広告です。 この下には、OASYS200実演展示会のご案内があり、3月10日から12日まで、東京の霞が関ビル1F 、5日から6日は千葉の塚本大千葉ビル8F で展示会をやるという案内がでています。 だからオアシスの広告はよこながのバージョンがあり、軽快なタッチのイラストと一緒に新聞に数多くいれました。 久里さんは、OASYS100の最初からのユーザです。自称1号機ユーザ。 デモ機を自分でテストして、即購入していただいた方です。