親指シフトキーボードを巡る議論・ニコラ 日本語入力コンソーシアム


親指シフトキーボードについての議論は各所で行われてきました。 一番古いのが、パソコン通信の日経mixのものです。
oasys会議中のoasys/o100 の最初からで、1986年12月〜1988年3月くらいまでで、一応議論は出尽くしました。 この時には、わたしは ykandaという名前で、ここの会議室の議長をしていました。
日経mixでは10年昔の内容が、現在(1996年10月)でも読みだすことができ、まことに素晴らしいことです。
日経mixは1997年10月31日で、ついに閉鎖されることになりました。
1988年5月から6月にかけて、niftyserveのFPROF というフォーラムで、親指シフトについての議論が 行われました。
フォーラム編集長の古瀬幸広 さん 福田純二さん 池田勝幸さん(当時エプソンのワープロ開発担当) などの議論に始まって、私がそれに応える形で議論が進みました。
当時のログは現在では、FSHOSAIフォーラムの DL 10 の中 #02にあります。「親指シフト論議(880522-880607)」
著作権の関係もあるので、私の発言のみ抜き出して紹介します。 全文を知りたい方は神田にご連絡ください。
  • FPROFでの親指シフトの議論の神田の発言です
    1988年11月号の富士通ニュース(富士通の社員全員に配付していた社内誌)の親指シフトの記事
    「特集親指シフトJIS化を目指して」社員に親指シフトに親しむよう訴えています。
  • 富士通の中で意思統一を図る必要があります。
  • 関澤専務(当時)コメントと親指シフトの優位性その1
  • 関澤専務(当時)コメントと親指シフトの優位性その2
    仕事の場ではもちろん,それ以外の場でも信念と愛情を持って、 親指シフトキーボードの普及に協力してください。とあります。
  • 神田のコメント議論するより実践を
  • 古瀬幸広さんのコメント親指シフト派を裏切らないで
    1989年4月24日 日本語入力コンソーシアム設立の記者発表を行いました。
  • ニュースリリースです。アスキー、インターフェイス、内田洋行 ソニー、PFU、富士通、松下電器産業の七社の共同発表です。
  • ニュースリリース、コンソーシアム概要、親指シフトの概要です。
  • ニュースリリース、各社採用状況、問い合わせ先
  • ニュースリリース当日の出席者リスト
  • 89年4月25日の日経新聞の記事です。
  • 89年4月25日の日刊工業新聞の記事です。
  • 日本語入力コンソーシアムの新聞広告1989.4.26 日経新聞です。

    親指シフトキーポードの開発の情報
  • 日本語タイプライタ学会発表論文
  • 日本語タイプライタの誕生です。
  • 親指シフトキーボード開発の話、そのほかの情報など