1987年OASYS-QUIRIN(キラン)誕生

下の写真は梱包箱に印刷されているキランの姿です。
quirin ピンクのもの ブルーのもの
1984年6月 OASYS-キランが誕生しました。女性用ワープロとして開発されました。キャンペーンに使いました。
  • 87年6月富士通サマーフェアのビラです。
    商品としてキランが300台当たると書いてあります。
  • 87年8月12日の日刊工業新聞の記事です。
    キャンペーン終了のあと、51万通もの応募があったと報じています。 「これまでは、ワープロといえば、色は白・黒だったが、この"おしゃれワープロ"は ブルーとピンクでカラー化され、文字も若い女性の"丸文字"が基本実装と凝りに凝っている。」 とあります。

    quirin
    この写真は、実物を直接スキャナで取り込んだものです。 色は少し変に写っていますが、実物そのものです。
    このQuirinという機械は、これから用途別のワープロの時代になるという発想のもとに 女性用のワープロとして企画し、開発したものだったのです。
    デザインはフランス人のFrancois Quirinさんに依頼しました。彼は当時の富士通の電話機の デザインもしていました。 把手が端についており、中央がくびれている形は非常に斬新なものでした。 丸文字もこの機械のために初めて作りました。
  • 正面の写真です。
    画面の表示は20文字×2行で16ドット表示です。プリンタ16ドットの熱転写です。 単一の電池4本で動きます。
  • 立てた写真です。
  • マニュアルの表紙です。
  • マニュアルの利用シーンです。 女性が使ってるシーンが記述されています。
    パッケージングも工夫しました。
  • 梱包箱はセロファンで中身が見えるようになっています。
  • だして並べるとこんな感じ。 です。
    極めつけはこのキャリングケースです。 真ん中のくびれたところを、締めるようになっています。
  • キャリングケースです。
  • 1987.9 CAR STYLING誌に載った紹介記事 です。
    開発の経緯をデザイン側からみた 紹介記事です。
    カラーアレンジなどデザイン作業の資料もあります デザインスケッチやキャリングケースの写真もあります。