1993年10月 OASYS30-LX601/605 を発表



1993年10月パソコン通信専用「OASYS30-LX405」の後継機種LX605を発表しました。 405を使った経験から、autocomにはいろいろと改良が加えられました。 改良点は些細なことなのですが、これで605をつかってのniftyserveの運用が非常に便利に なりました。
現在私は自宅と会社にそれぞれ、LX605をもっており、ICカードを持ち歩いて使っております。 出張するようなときには、AD405のautocom を使います。稀には、pocket3のautocomも使います。 データは全部おなじ、1Mbyteのメモリカードを使います。
  • LX601の8ページのカタログ表紙です。
    LX401→>LX501→LX601と改良されて発売されました。 はがき、名刺、地図が簡単にできるというのがキャッチフレーズです。
  • LX601のカタログ5頁です。
    文体チェック、挿入モード、CD-ROM検索などなど
  • LX601のカタログ6頁です。
    カルク、DB機能、DOS互換機能、右側に、605の記事があります。 FAX機能、niftyserve自動通信ソフトautocomなどなど。
  • LX605の4頁のカタログ表紙です。
    niftyseveの通信ソフトというよりも、家庭でFAXが使えるというところに重点を置いたカタログです。 FAX送受信機能がついて、238,000円でした。
  • LX605のカタログ2頁です。
    FAXの説明
  • LX605のカタログ3頁です。
    autocomの説明が簡単にしてあります。